FISM関連情報

関係各位のみなさまへ

平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当初MNJとして、FISM ACM2020に向けた選考会を開催しようと検討を試みましたが、様々な予期しない事情が発生し、今回は開催が望ましくないと判断致しました。

保有するスロットを、いかに利用できるか熟慮し、SJM会長である瀬島順一郎様のご厚意によりICMコンベンション(開催日:2019/9/7-8)において、選考会を共同開催させていただくことになりました。この措置は今回のみと致しますことも併せてご報告いたします。

なお、次回は会員のコンテスタントのために、日時や場所の選択肢を増やし、出場の可能性を増やしたいと考えています。

2019年7月13日
一般社団法人日本・マジシャンズネットワーク協会
会長 鈴木昭弘


  • FISMと一般的に称されている単語は組織名であり(同じくFISM ASIAはアジアにおけるFISMの管轄組織名となります)、そのFISMが3年に1度開催するコンテストをFISM WCM(World Championships of Magic)と呼びます。
  • FISM WCMに出場するためには、アジア在住者はACM(Asian Championships of Magic)に出場する必要があります。
  • MNJのサイトや発行する書類等では、それらの単語(FISM / FISM ASIA / FISM WCM / FISM ACM)を明確に使い分けます。
  • 2019年現在、他の地区大会に出場しても、アジア在住者はWCMに参加できません。NACM(北米大会、IBM SAMコンバインコンベンベンション等)などの他地域におけるコンテストに出場しても、WCM出場権利は取り消されますのでご注意ください。
  • コンテスタントとして、ACMに出場するためには、通常アジアにおけるFISM加盟団体からの推薦を得る必要があります。
  • 日本国内に在住するコンテスタントは、国内のFISM加盟団体(4団体、2019年現在)から推薦を受ける必要があります。
  • 各FISM加盟団体が保有する推薦枠は、毎回変動が生じる可能性があります。これは、アジアにおいてFISM加盟団体が増え、全体枠が変わらないためです。